歯科 岸和田市で小児歯科、インプラント治療、無痛治療にとりくむ『うえだ歯科医院』は久米田池ちかく、桜台保育所となり

うえだ歯科医院  インプラント専修医

CT完備 最新の治療及び無痛治療を提供します
ホーム > 院長ブログ

院長ブログ



 大阪城イルミナージュ


投稿:

 先週末に大阪城で開催中の『大阪城イルミナージュ』へ。とても寒い夜でしたがとてもきれいでしたよ





2019年2月12日(火)


 記録の重要性(口腔内写真)


投稿:

 当院では成長の記録のためにお口の写真を撮影させていただいております。子供の成長発育は目覚ましいものでその記録を残しておくことはとても重要です。当院ではリコールごとに正面からの写真を記録し治療、説明に役立てています。初診時にはお顔の正面も撮影しています。今思えば、1年ごとにお顔も撮影し変化をみていたらよかったのになーと思っています。




2019年2月9日(土)


 妊娠中の歯科治療について


投稿:

 妊娠中に歯に何らかの違和感を自覚してもレントゲンや抗生剤や麻酔の影響のため足が向かないことがあるかもしれません。一般に歯科で撮影されるレントゲンや局所に用いられる麻酔、抗菌薬(種類によります)はもんだいありません。しかし、妊娠初期には自然流産のリスクもありますし、悪阻への考慮も必要だと思います。

 何よりも一人一人にあわせた治療が必要ですので患者さんとよくお話をして進めていきたいと思います。



2019年2月8日(金)


 ライフステージに合わせた口腔管理(更年期・老年期)


投稿:

 中高年の女性に多い疾患として関節リウマチがあげられます。関節リウマチは炎症と軟骨、骨における骨破壊を伴う慢性炎症性の自己免疫疾患です。

 日本においては人口の0.5%、特に30〜50代の女性に多く求められ、男女比は1:4です。Molitorの報告により歯周病と関節リウマチの関係性が認められている。

 さらに、閉経を迎えた女性は口腔内乾燥症、骨粗鬆症の問題も無関係ではありません。50歳以上の女性の約半数は骨粗鬆症、もしくは骨質の低下という報告もあります。



2019年2月6日(水)


 ライフステージに合わせた口腔管理(妊娠期)


投稿:

 妊娠期においてはホルモンバランスの変化や悪阻などの口腔内環境の悪化により、歯肉縁や歯周病を発症することが多くなります。また、妊産婦の切迫早産、早産・低体重児出産と歯周病のかかわりについても注目が集まっています。

 歯周病菌が妊娠に影響及ぼすメカニズムは大きく分けて2つあります

 @歯周病菌の感染により歯肉に炎症がおこり、炎症性物質が血液中に入ることに  

 よるもの

 A歯周病菌が直接、血管内にはいり菌血症をおこす

いずれにせよこの時期における口腔清掃指導及びスケーリングを主体とするプロフェッショナルケアは重要です。



2019年2月5日(火)


 ライフステージに合わせた口腔管理(思春期)


投稿:

 思春期から青年期への移行期の女性はホルモンバランスの変化から歯肉縁が認められることが多くなります。ただ、ホルモンはあくまで助長するものであるためプラークさえ除去できれば歯肉縁のリスクは減らせます。

 また、中学校や高校に通う世代においては運動部に所属しているとスポーツドリンクの多量摂取による齲蝕のリスクが上昇します。矯正治療を受けている人もいるかと思いますがブラケットなどにより清掃しずらくなる可能性もるため気をつけてくださいね





2019年2月4日(月)


 ライフステージにあわせた口腔管理(乳幼児期)


投稿:

 乳幼児期において大切なのは乳歯における齲蝕の予防と歯ブラシにおけるセルフケアの習慣化です。

 まずは1歳半で卒乳を目指し、乳歯における齲蝕リスクを低下させることが重要です。またご両親が歯科に関する知識をもってもらい、子供と一緒にセルフケアを楽しみましょう。

 この時期に齲蝕になると後続永久歯の発達に影響を与えてしまい乳歯列が崩れがちです。6歳になると最初の永久歯である第1大臼歯がはえ始めます。萌出したばかりの永久歯は歯質の石灰化が未熟なため齲蝕になりやすい。完全萌出まではリスクが高いのでしっかりとしたセルフケアが重要です。

 歯科医院を定期的に受信し、齲蝕予防のシーラントやプロフェッショナルケアを受けましょう



2019年2月2日(土)


 勉強会!(エアフロープロフィラキシスマスター)


投稿:

 今日はうえだ歯科において歯周病治療の主役エアフローの最新の『エアフロープロフィラキシスマスター』の勉強会です。今までの歯石取りなどで痛みを感じた方などにいいですよ。温かいお湯(約40℃)で対応することで知覚過敏の方にも痛みを感じにくくなっております。お尋ねくださいね♪





2019年2月1日(金)


 腸内フローラのバランス


投稿:

 腸内フローラのバランスが崩れると個体の免疫機構の異常にはじまり、炎症性腸疾患や関節リュウマチ、糖尿病、肥満の発症や進展に影響することがわかってきました。

 口腔内も腸管と同じく、消化器官の一つであり、多くの細菌が共生してます。日常の歯磨きや定期的なプロフェッショナルケアにより口腔衛生状態を良好に保つことで齲蝕や歯周病を抑制することが可能です





2019年1月30日(水)


 新人さん♪


投稿:

 開業以来、当院でがんばってくれたガチャガチャ君とガチャガチャちゃんが引退です。本日からは少しおおきくなったガチャ君にがんばってもらいます。

 皆さん、よろしくお願いします。


右のガチャ君たち、お疲れ様。今日から新人君にがんばってもらいます



2019年1月29日(火)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 最初 次のページ>>

現在4ページ目を表示しています



うえだ歯科医院
〒596-0816 大阪府岸和田市尾生町5-3-48
Tel:072-441-4618
Fax:072-441-8020

Copyright (c) Ueda Dental Clnic All Rights Reserved.