歯科 岸和田市で小児歯科、インプラント治療、無痛治療にとりくむ『うえだ歯科医院』は久米田池ちかく、桜台保育所となり

うえだ歯科医院  インプラント専修医

CT完備 最新の治療及び無痛治療を提供します

院長ブログ



 『道後温泉』


投稿: ☁のち☀ 20% 33℃/24℃

 昨日は、以前から、ぜひ、行ってみたいと思っていた『道後温泉』へ行ってきました。最新作『風立ちぬ』の宮崎駿監督作品、『千と千尋の神隠し』に影響を与えた温泉らしいです。すごく、混んでいましたが、温泉を満喫できました。帰りは、山陽道で30キロの渋滞に巻き込まれました。疲れをとりに行ったのか、疲れに行ったのかよくわからなくなりました(笑)みなさんも機会があればぜひ、行ってみてください。

                 
 



2013年7月16日(火)


 『松山城』


投稿: 🌂のち⛅ 50% 34℃/25℃ 

 昨日は、愛媛県の『松山城』を訪れました。松山城は『賤ヶ岳の戦い』七本槍の一人に選ばれた、『加藤 嘉明』が建てた城です。2013年5月26日のブログに書きました、『豊臣 秀吉』から歯を贈られた武将です。松山城は以前から行きたいと思っていた『城』の一つでした。理由は日本でたった12箇所にしか現存しない天守のお城だからです。お城にはロープウェイで行きましたが、汗だくになりながらお城を楽しみました。
                  

2013年7月15日(月)


 乳歯列の反対咬合は様子をみてもいいの?


投稿: ☁のち🌂 50% 33℃/25℃

 永久歯の交換期(6歳前後)自然治癒する場合もあるので、それまで様子をみても良いと思います。

 しかし、生え変わった後でも反対咬合であれば、すぐに治療を開始することをお勧めします。上顎骨の成長のコントロール小さい頃に行うのが効果的であり、思春期成長期には下顎骨もさらに伸び、治療が難しくなります。外科矯正(手術)の必要性もくなります。適正時期にぜひ御相談ください。

                  



2013年7月14日(日)


 矯正は何歳から始める?


投稿: ☁のち🌂 50% 32℃/27℃

 
 まずは、悪習癖がないかの確認をしてください。指しゃぶり、口呼吸、片側噛み、などです。悪習癖があればやめるように心掛け、なければ、遺伝的要因が大きいと思われますので、あまり心配せずに、6〜7歳ぐらいに相談してください。

 骨格性反対咬合(三日月顔貌)の特徴がみられ場合や非対称が顕著な場合は、矯正治療を早めに始めましょう。それでも5歳以降でいいと思います。

 思春期の成長期を迎えると治療が難しくなるので、必ず、適正時期に一度、矯正相談を受けてください。ただし、何歳になっても重度の歯周病でない限り、矯正治療は可能です。

 



2013年7月13日(土)


 上唇小帯が大きいです。何歳まで様子をみたらよいですか?


投稿: ☀ 10% 35℃/27℃

 
 上唇小帯が歯の近くまで付着している場合は、上の前歯の隙間が閉じない状態(正中離開)の原因になることがあります。どうしても必要となれば小帯形成術をおこないますが、正中離開には他の原因もあり、小帯切除だけでは改善しない場合もあります。必要性は低いのであまり心配はいらないと思いますが、気になるようでしたら御相談ください。

 上唇小帯が大きい場合、上の前歯を磨くときには上唇をしっかりともちあげてください。

                

                                      【画像参考:子育てインフォ】



2013年7月12日(金)


 Riga-Fede病とは?


投稿: ☀ 10% 34℃/26℃ 

 昨日、「娘の歯が生えてきて舌に傷ができて痛がります。」と相談を受けました。歯の先端を少し研磨すると痛みも緩和されたとのことです。歯の生えはじめは先端が尖っていることもあります。咀嚼することにより咬耗がおき、症状もなくなることもありますが、痛がるようであれば処置が必要です。

RIga-Fede病とは、先天性歯、早期萌出により舌下面に生じる褥瘡性潰瘍の事です。

                                       
 



2013年7月11日(木)


 癒合歯とは?


投稿: ☀のち☁ 10% 34℃/26℃

 
 癒合歯とは2本の歯がくっついている状態です。癒合歯の発生確率は0.5%。2本がくっついている部分は溝になっている事が多く、その部分は虫歯になりやすいのでよく磨いてあげてください。溝が深い場合は予防的に充填をしてあげ方が良い場合もあるので御相談ください。

                                  



2013年7月10日(水)


 手足口病


投稿: ☀ 10% 35℃/25℃

 皆さん、プールに入る機会が多くなってきましたね。当院でも綺麗に日焼けをした子供たちが目立ってきました。そこで、注意していただきたいのが、『手足口病』です。

特徴:口と手足の小水疱と潰瘍を主とするウイルス性疾患

原因:主にコクサッキーウイルスA-16の感染

好発年齢:1歳〜10歳

流行期:6月から9月

感染場所:特に、夏のプール

症状:2日〜6日の潜伏期の後、前駆症状として軽度の熱、倦怠感、硬口蓋、軟口蓋、舌、頬粘膜などに痛みを伴って多数の小水疱が現れます。同時に、手足の皮膚にも、紅斑、びらん、水泡を生じます。水泡はすぐにやぶれ潰瘍となります。

対応:7〜14日で自然治癒するので、特に対処は必要ないでしょう。しかし、対処療法として、うがい薬による嗽、解熱剤、鎮痛剤の投与をおこないます。

                   



2013年7月9日(火)


 髄膜炎?


投稿: ☀時々☁ 34℃/25℃

 昨日から、娘の熱が下がりません。座薬を入れ、様子をみていますが、40度の高熱がでています。昨晩は座薬を入れようと足を曲げると、首と足に痛みを訴えました。よく食べてくれますし、吐き気もありません。頭痛と高熱。髄膜炎でなければよいのですが…。昨日のブログでも書きましたが、ストローとは関係ないと思いますが、どうしても関連づけてしまします。今日は、朝から病院へ連れていくつもりです。早く良くなりますように。皆さんも健康には気をつけてくださいね。



2013年7月8日(月)


 喉にストローが…


投稿: ☁時々☀ 20% 32℃/24℃

 昨日、家族で移動中に喉が渇いたので某ファーストフード店へ、そして冷たいシェークを買いました。それぞれが、シェークを飲みながら車を走らせていると突然、娘が大泣き。車をとめ、口の中をみると出血が。どうやら、ストローが喉に刺さったようです。幸い大事には至らなかったのですが…。皆さんも、きをつけてください。やはり、何かをしながらというのは良くないですね↘

                 

口蓋垂の近くに傷ができてしましました。



2013年7月7日(日)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 最初 次のページ>>

現在92ページ目を表示しています



うえだ歯科医院
〒596-0816 大阪府岸和田市尾生町5-3-48
Tel:072-441-4618
Fax:072-441-8020

Copyright (c) Ueda Dental Clnic All Rights Reserved.