歯科 岸和田市で小児歯科、インプラント治療、無痛治療にとりくむ『うえだ歯科医院』は久米田池ちかく、桜台保育所となり

うえだ歯科医院  インプラント専修医

CT完備 最新の治療及び無痛治療を提供します
ホーム > 院長ブログ

院長ブログ



 エナメル質形成不全


投稿: ☁ 40% 33℃/26℃

 エナメル質の欠けた部分は、汚れがたまりやすく、歯質も弱いことがあるので、虫歯になる可能性が高くなります。歯磨き、フッ素塗布などの虫歯予防、場合によっては充填処置をおこないます。エナメル質形成不全は発育形成段階で何らかの影響を受けます。

 

小さい頃より、歯がザラザラし、見た目も気になるとの事で、前歯にレジン充填をほどこしました。今後、順次、他の歯も充填する予定です。 



2013年7月31日(水)


 歯ぎしりがひどいのですがどうすれば良いでしょうか?


投稿: ☁時々🌂 50% 33℃/27℃

 歯ぎしりには、噛み合わせが悪いなどの口腔内の異常、心理的原因による筋緊張亢進、全身的疾患からおこるものがあると言われているものの、その原因を特定することは難しく、歯ぎしりを完全にやめさせる決定的な方法は現在のところわかっていません。

歯の交換機に多い習癖とも言われていますし、ストレスをとる行動とも言われています。様子をみて長く続く場合は、歯の磨耗や顎関節の問題を引き起こす場合があるので、御相談ください。



2013年7月30日(火)


 勉強会(レーザー)


投稿: ☁時々🌂 50% 32℃/26℃

 昨日は、当院で使用しているレーザー『Bel Laser』の勉強会に出席しました。たくさんの歯科医師がおられました。やはり同じ目的をもった方々と勉強をするのはモチベーションがあがります。

ちなみにLaserとはLight Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)の頭文字からきています。なんだか難しいですね。

 ちなみに、無痛治療を目指す、当院では必須の歯科機器と考えています。

 

 

Laserでできることは色々、ありますが、一例をあげます。

〇歯周病の治療

〇麻酔注射をせずに表面麻酔のみの抜歯

〇口内炎の治療

〇萌出誘導の歯肉切開

〇メラニン色素除去

小帯切除術

などです。ただし、Laserも万能ではありません。時には麻酔も使います。

当院のLaserです。



2013年7月29日(月)


 土曜日の診療時間


投稿: ☁のち🌂 50% 33℃/26℃

 昨日は、岸和田の花火大会がおこなわれましたね。皆さんは観にいかれたでしょうか?8月はお盆の季節、帰省される方も多いと思いますが、怪我等ないようにおすごしください。

 さて、皆様には御迷惑をおかけしてすみませんが、先週から、木曜日を休診とさせていただき、土曜日を昼休憩なしの15時までの診察とさせていただきました。まことに勝手ですがこれからもよろしくお願いします。



2013年7月28日(日)


 夏休み限定!


投稿: ☀時々☁ 34℃/26℃

 当院では今週より夏休み限定で、来院されたお子さんに金魚すくい(おもちゃ)をしていただいています。お好きな金魚?をすくってあげてくださいね。色とりどりの可愛い金魚を家族の一員にしてあげてください。

 

 何匹すくえたかなぁ?



2013年7月27日(土)


 着色について


投稿: ☀時々☁ 30% 35℃/27℃

 着色の原因は色々あります。

@外因性の着色(食品性色素沈着、お茶など)

A内因性の着色(歯髄等)

B歯の形成不全

C虫歯

 

@の場合、歯科医院で除去できます。一度、ついた着色はなかなか取れません。歯ブラシでとるのは難しいでしょう。口呼吸をしていると、着色をしやすいので唇を閉じるようにしましょう。

A歯科医院での治療が必要です。歯髄が感染をおこしているので注意が必要です。隣の歯にも影響を与える可能性があります。

B永久歯ができる過程で、体調が悪かったりで、十分に歯が形成されないときなどにおこります。茶色い部分があったり、白斑のようなものができたりします。あまり気になるようでしたら御相談ください。



2013年7月26日(金)


 久米田池の鳥たち


投稿: ☀時々☁ 30% 35℃/27℃

 先日、患者さんとの会話で『近くの久米田池にはたくさんの野鳥がいるんやで、今度、写真をもってきてあげる』と言う、お話をしていただきました。その写真を昨日、いただきました。たくさんの野鳥がいて、自然の大切さを痛感しました。近々、院内にも展示する予定です。ちなみに、写真の鳥は『ダイサギ』と言う、鳥だそうです。

                   

                                       撮影: 清原源三 さん



2013年7月25日(木)


 上唇小帯形成術


投稿: ☁時々🌂 50% 34℃/26℃

 昨日、『検診で上唇小帯の位置にチェックがかかりました』と言う、女児の手術をおこないました。状態は上顎両側中切歯間において上唇小帯の位置異常を伴う、上顎正中離開でした。処置自体は局所麻酔を使い、30分程ですみます。当院では、レーザーを使いますので、出血もほとんどなく対応できます。(メスを使うと、どうしても出血量が多くなり、縫合範囲も大きくなりがちです)術後は多少痛みがでる可能性がありますが、頓服で対応できるでしょう。

                  
 



2013年7月24日(水)


 矯正治療は痛いですか?


投稿: ☁時々☀ 30% 34℃/26℃

 小学生の低学年ぐらいから始める、成長を利用する矯正は痛みを訴えるお子さんは少ないです。すぐに、慣れますのでお子さんなりに理解ができればそれど心配いらないでしょう。永久歯がある程度、生えそろってからおこなう矯正は装置を装着したり、調整した後は、2〜3日は歯が浮いたような痛みはでると思います。この痛みは個人差がありますが、矯正治療の意義を理解して納得できれば、問題ない程度です。



2013年7月23日(火)


 矯正期間はどれくらいかかりますか?


投稿: ☀のち☁ 30% 34℃/26℃

 小学生の低学年から成長期を利用できる場合は1〜2年。その後、永久歯にはえそろってから1〜2年装置をつけます。保定期間も概ね1年ぐらいとみておいてください。ただし、成長がとまるまで経過は見ておいたほうがいいでしょう。身長が伸びいると、顎も成長する可能性があるからです。個人差もあるので御相談ください。



2013年7月22日(月)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 最初 次のページ>>

現在93ページ目を表示しています



うえだ歯科医院
〒596-0816 大阪府岸和田市尾生町5-3-48
Tel:072-441-4618
Fax:072-441-8020

Copyright (c) Ueda Dental Clnic All Rights Reserved.